セゾン投信の想定利回りは?

セゾン投信 積立利回り徹底分析!

徹底した長期投資で支持を集めるセゾン投信!

セゾン投信は、顧客目線の徹底した長期投資をコンセプトとして、投資信託を運用しています。

 

2007年の設立以来、直販投信という形を貫き、銀行や証券会社などの販売会社を通さないで投資信託を直接顧客に販売しています。

 

そのため、販売手数料をはじめとした余計なコストがかからず、長期投資にふさわしい低コストなファンドとして多くの支持を集めています。

 

セゾン投信の純資産総額は右肩上がりで増え続けている!

 

セゾン投信で運用している投資信託はたったの2本で、どちらも設定来安定した利回りをあげてきました。

 

以下では、セゾン投信の過去の利回り実績と、今後目指していく利回りについて考察します。

 

 

 

 

 

セゾン投信設定来の利回り実績は!

 

まずはセゾン投信の2本の投資信託の過去の利回り実績を見てみましょう。

 

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

 

(参照 セゾン投信公式サイト http://www.saison-am.co.jp/fund_g/index.html)

 

 

 

基準価格騰落率

期間 騰落率
1ヶ月 −1.38%
6ヶ月 −7.33%
1年 −8.96%
3年 +21.91%
設定来 +25.25%

*2016年4月28日現在
騰落率・・・ある一定期間にどの程度投資信託の基準価格が値上がり(値下がり)したか。

 

 

定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益

期間 平均取得単価 損益
1年 13167円 −4.87%
3年 12186円 +2.78%
5年 10032円 +24.85%
初回(2007年5月)から 9128円 +37.22%

*2016年4月28日現在

 

 

 

【考察】

 

・騰落率は短期視点から設定来の長期視点までのどの期間でも優秀な成績を残しています。

 

・設定来から見ると基準価格は25%以上上昇してます。

 

・設定来から定額積立を行っていると、投資額に対して37%以上資産が増えています。

 

 

 

 

 

 

セゾン資産形成の達人ファンド

 

 

(参照 セゾン投信公式サイト http://www.saison-am.co.jp/fund_long/index.html)

 

 

基準価格騰落率

 

期間 騰落率
1ヶ月 +0.06%
6ヶ月 −8.99%
1年 −10.42%
3年 +43.88%
設定来 +53.13%

*2016年4月28日現在

 

 

定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益

 

期間 平均取得単価 損益
1年 16257円 −5.81%
3年 14174円 +8.04%
5年 10356円 +47.86%
初回(2007年5月)から 8536円 +79.40%

*2016年4月28日現在

 

 

 

【考察】

 

・騰落率は短期視点から設定来の長期視点までのどの期間でも優秀な成績を残しています。

 

・設定来から見ると基準価格は50%近く上昇してます。

 

・設定来から定額積立を行っていると、投資額に対して80%近く資産が増えています。

 

 

 

 

どちらの投資信託も設定来のパフォーマンスは上々!

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドおよび、セゾン資産形成の達人ファンドは、リーマンショック前のプチバブル時に設定されました。

 

両ファンドとも、リーマンショックを挟んでのこの成績はなかなかといえるでしょう。やはり7年以上も運用していると分配金なしの再投資型の強さがでますね。

 

ここ数年の上昇相場の影響も大きく、今後もこの騰落率を保てるとは思いませんが、長期的に見ると今後も安定的に基準価格が上昇していくと思います。

 

これらの騰落率の推移は過去の実績であって、今後上記のような騰落率で推移する保証はありません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

 

 

 

 

セゾン投信の目標利回り

 

セゾン投信が目指す利回りは年利7%です。

 

セゾン投信代表取締役社長 中野晴啓氏の著書「投資信託はこの8本から選びなさい」に次のような記述があります。

 

私は世界経済の成長率に準じると、実は7%前後は狙えると思っています

 

 

年率7%というのは決して難しい数値ではありません。

 

 

現実、リーマンショックを挟んだここ7年間の運用利回りは、セゾン・バンガード。グローバルバランスファンドで年率5%以上、セゾン資産形成の達人ファンドでは年率8%以上となっています。

 

 

また1995年から2010年の15年間で、国内外の株式、債権、REIT、コモディティの投資信託を均等に保有した場合のリターンは年率6%でした。

 

さらに100%株式で国内外の投資信託を保有していた場合のここ数十年の平均リターンは年率10%にもなると言われています。

 

こう見ると、年率7%というのは結構現実的な数値なのです。

 

 

年率7%複利で運用すれば大きな資産を築ける!

 

 

セゾン投信は分配金を一切出さない複利運用なので、年率7%複利で資金を運用していくと、思いもかけない大きな資産を作り上げることができます。

 

 

 

 

上記のグラフは年率7%複利で運用した時の推移を積立額を変えて表しています。

 

月1万円を20年積み立てると約521万円

 

月3万円を20年積み立てると約1563万円

 

月5万円を20年積み立てると約2605万円

 

もの資産を作れてしまうことになります。

 

 

さらに30年、40年と積み立てていくと、資産が加速度的に増えだします。

 

月1万円を30年積み立てると約1220万円

 

月3万円を30年積み立てると約3660万円

 

月5万円を30年積み立てると約6100万円

 

 

月1万円を40年積み立てると約2625万円

 

月3万円を40年積み立てると約7875万円

 

月5万円を40年積み立てると約1億3124万円

 

の資産となります。

 

驚くような金額かもしれませんが、これが長期投資の、そして複利運用の力なのです。

 

 

 

日本の投資信託は、分配金を沢山出すものが売れ筋の上位を独占しています。

 

しかし、分配金は投資信託の元本を投資家に還元しているに過ぎず、分配金を出すとその分基準価格は下がります。

 

当然投資効率はとても悪く、なにより上記のような複利の力が働きません。

 

 

セゾン投信は分配金を一切出さず、運用利益はすべて再投資に回されます。

 

当然複利の力が効いてきますので、長期になればなるほどものすごい勢いで資産が増えていくのです。

 

 

スタートは早ければ早いほど良い!

 

自分の年齢を考えてみてください。

 

20代、30代の方は今から積立を始めておけば30年後、40年後に使い切れないほどの資産を手にすることになるかもしれません。

 

資産によってはアーリーリタイアも十分に可能でしょう。

 

将来、お金を使っても使っても増え続けていくという夢のような状態を現実にすることができる可能性があるのが20代、30代の方々です。

 

 

40代、50代でもぜんぜん遅くはありません。

 

まだ20年、30年と積み立てていく時間は残されています。

 

特に子育てが終わり、それなりにお金に余裕があれば積立額を増やすことも可能です。

 

積立額によっては20年でも大きな資産になる可能性も十分あります。

 

 

60代、70代の方はリスクをとって資産を増やすというより今ある資産を減らさないように運用することが大切です。

 

リスク分散の意味でもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積立をしておけば、世界中の株式や債券に資産を分散できるのでおすすめです。

 

また、自分の子供や孫に資産を残すという意味でも長期投資をする意義はあります。

 

 

 

セゾン投信は設定以来7年、リーマンショックという惨劇を乗り越えつつも、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで年5%、セゾン資産形成の達人ファンドで年8%という利回りで運用してきました。

 

今後も7%前後で運用していくことは十分に可能であると思いますし、それ以上も利回りも十分に狙えます。

 

毎年の利益をしっかり再投資に回し、長期的に大きな資産を作っていく。

 

セゾン投信の歩みはまだ始まったばかりです。

 

スタートは早いに越したことはありません。

 

セゾン投信の理念に共感した方はまず少額でもいいので積立を初めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

セゾン投信の公式サイトへ

 

口座開設は無料です。約3分で口座開設キットも申し込みが可能です。

 

 

サイト内人気記事

 

セゾン投信の口コミ、評判を見てみる

 

セゾン投信の資産配分は!

 

セゾン投信の純資産総額の推移

 

セゾン投信は分配金なし!