増え続けるセゾン投信の純資産総額!

セゾン投信の純資産総額は右肩上がりで増え続けている

セゾン投信の純資産総額は右肩上がりで増え続けている!

セゾン投信が運用する2本の投資信託は、共に純資産総額が右肩上がりに伸び続けてます。

 

純資産総額が右肩上がりに伸び続けている投資信託というのは、常に資金が流入状態にある投資信託ということなので、投資家から支持されている証となります。

 

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの純資産総額

 

(出典 : セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 2016年10月運用レポート詳細版)

 

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの純資産総額は2016年10月現在、1130億円を突破しています。

 

設定10年程度のファンドとしては異例の伸びで、数多くの投資家に支持されている証拠です。

 

 

セゾン資産形成の達人ファンドの純資産総額

 

(出典 : セゾン資産形成の達人ファンド 2016年10月運用レポート詳細版)

 

 

セゾン資産形成の達人ファンドの純資産総額は2016年10月現在330億円を超えました。

 

インデックスファンドである、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドには及びませんが、多くの資金を集めていることは事実です。

 

 

純資産総額が増え続けるとどうなる!

 

では純資産総額が増え続けるとどうなるのでしょうか。

 

一番大きいのは、信託報酬が引き下げられる可能性が高くなることでしょう。

 

投資信託の運用は、規模が大きければ大きいほど相対的にコストが占める割合が低くなります。いわゆる規模のメリットと呼ばれるものです。

 

典型的な例を挙げると、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが投資をしているバンガードという投資信託会社。

 

バンガードはなんと日本円で約400兆円もの資金を運用しています。

 

バンガードETFの信託報酬は平均約0.14%!

 

米国業界平均が0.58%なので、いかに信託報酬が安いのかが分かります。

 

セゾン投信も、純資産総額が増えてくれば信託報酬のさらなる引き下げも十分にありえます。

 

 

 

さらに、資産不足による償還の心配がないことも大切です。

 

資金が流出してどうしようもなくなったファンドは、現在の運用資金をすべて投資家に強制的に返し、投資信託の運用を手仕舞いしてしまうことがあります。特にこの日本では、投資信託の平均寿命が2〜3年と言われており、この強制償還が頻繁に行われています。

 

純資産総額が増え続けている投資信託にはこの心配はありません。

 

 

純資産総額が増え続けている投資信託に投資するのは基本中の基本!

 

純資産総額が増え続けている投資信託に投資するというのは、投資信託選びの基本です。

 

資金が常に流入状態にあるということは、健全な運用が可能ですし、なにより多くの投資家に支持されているということだからです。

 

セゾン投信も、徹底した長期投資と国際分散投資の思いが多くの投資家に伝わっているのでしょう。

 

セゾン投信は国際分散投資で世界の成長を享受できる

 

 

セゾン投信の2本の投資信託は、正に資金が7年間流入し続けているのです。

 

10年、20年と長期投資をしていく上でとても心強い材料なのではないかと思います。

 

 

セゾン投信の公式サイトへ

 

口座開設は無料です。約3分で口座開設キットも申し込みが可能です。

 

 

 

topへ セゾン投信 積立利回り徹底分析!