NISAで運用するならセゾン投信がおすすめ!

NISAと相性の良いセゾン投信!

NISAと相性の良いセゾン投信!

NISA(少額投資非課税制度)が2014年1月にスタートしてからしばらくが経過し、だんだんと世間一般的にも知られるようになってきました。

 

NISAは特に投資信託との相性が良いとされています。

 

まず、投資信託は購入する金額を自分で設定できるため、非課税枠を限度額まで使い切ることができます。

 

通常の株式投資の場合、1000株単位などでの購入が一般的ですが、例えば1000株で35万円などといった価格の場合、残りの非課税枠が30万円しかなかったらもうその株式を買うことができません。

 

投資信託の場合は計画的に投資をしていけば、限度額いっぱいまで投資をすることも可能です。

 

次に下で後述しますが、分配金を支給せずに再投資に回してくれる投資信託の場合、運用効率が最大限に高くなります。(投資信託内に組み込まれている銘柄から得た株式配当金も再投資される)

 

通常の株式の配当金などは、支給された分は一旦課税されて手元に支給されます。

 

仮に配当金を再投資する場合、NISAの非課税枠を追加で使って再投資する必要があるので、投資信託に比べて若干ではありますが運用効率が低下します。

 

このような点から、NISAは投資信託に適した制度と言えます。

 

 

 

セゾン投信はNISAとの相性抜群!

 

セゾン投信は分配金を一切支給せず、運用で得た利益や配当金を全て再投資してくれます。

 

セゾン投信は分配金0円がモットー!

 

 

分配金を全て再投資するからこそ、非課税枠のメリットを最大限に活用できるのです。

 

またNISAのような長期運用を想定した運用では、リスク分散のための国際分散投資が欠かせません。

 

セゾン投信の2本の投資信託は、世界全体にバランス良く投資をし、徹底した国際分散投資を行っています。

 

セゾン投信は国際分散投資で世界の成長を享受できる

 

 

国産分散投資だからこそ、世界全体の成長をしっかりと享受できるのです。

 

セゾン投信は2本の投資信託しかありませんので、NISAで別の株式や投資信託を購入したくなった場合はもう一度他の金融機関にNISA口座を開設しなおす必要があります。

 

 

NISAで運用する口座を迷っている、投資信託を買いたいけどどの投資信託を買ったらいいかが分からないといった方が初めに購入する投資信託として、セゾン投信はとても適していると思います。

 

 

セゾン投信の公式サイトへ

 

口座開設は無料です。約3分で口座開設キットも申し込みが可能です。

 

 

 

topへ セゾン投信 積立利回り徹底分析!